ハンガリーのコロナ感染状況(その1)(4月1日現在、在ブダペスト盛田常夫元法政大学教授からの情報)

1,感染状況
4月1日のハンガリー政府の発表によれば、過去24時間の新規感染者数は9,288名で、死者は258名(累計死者は20,995名〉、病院での治療者は12,062人、うち人口呼吸器装着者は1,512名となっている。感染者、死者、重症者数の増加傾向が止まってっいない。ハンガリーの人口呼吸器数は、2,300台前後と言われており、重症者の数の増加を止めることが、緊急の課題になっている。
2、新規感染の構成者の構成
これまで感染した人は、およそ66万人で、回復者(死者)を除く現在の実効感染者数は、23万人となっている。新規感染者の年齢構成は、以下の通り。(1)新規感染者の平均年齢は、45,7歳。(2)30-39歳が15%。(3)40-49歳が23%。(4)50-59歳が17%。
3,学校再開の条件
最近の特徴は、英国変異株による感染がほとんどで、若い年齢層の感染者が増えている。若い感染者から、家族構成への感染が多く見られる。学校や、大学が休校となる中、若い人々は、個別に集まり、感染を増やしている考えられる。政府は、4月19日の学校再開を目指しており、その後に、店舗の再開を予定している。学校再開のために、4月1日から教職員への特別接種を開始した。
4、ワクチン接種の現状
これまで1回目のワクチン接種を終えた人は、200万人を超え、うち80万人弱が、2回目の接種を終えている。接種率は、20%と、EU内では最も高くなっている。ハンガリーでは、EUの薬事局が許可したワクチンだけでなく、ロシア製のスプートニクと、中国製のワクチンが、接種されている。ただし、中国製のワクチンの評判(イメージ)がよくなく、希望すれば、いつでも地区の診療所で、中国製のワクチンを受けられる状況になっている。4月19日の学校再開に向けて、4月1日より学校・幼稚園・保育園の教職員への特別接種が再開された。これまで、50名の学校教職員が死亡したと、公表されており、教職員へのワクチン接種によって、児童・生徒・学生を介した感染を防ぐために、ファイザー製のワクチンが摂種される。今週一杯で、教職員の接種が終わる予定。この接種も希望者のみへの接種になるが、全職員の4分3が、接種を希望している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント