ハンガリーの著名な作曲家レハールの喜歌劇「微笑みの国」が、8月23日、NHK/BSテレビで放送されました。

昨年7月11日に、オーストリアのメルビュッシュ湖上音楽祭で、ハンガリー出身の著名な作曲家フランツ・レハール(1870年ー1948年)の傑作の喜歌劇「微笑みの国」(全3幕)が、上演されました。その公演が、8月23日の深夜、NHK/BSテレビ3の番組「プレミシアター」で、3時間にわたり、放送されました。本稿では、公演の感想を除き、インターネットのWikipedeaの情報を引用して、レハール、メルビュッシュ湖上音楽祭、「微笑みの国」のあらすじ、ハンガリーと著名な作曲家のハイドン、ベート-べン、及びグスタフ・マーラーとのエピソード、及び日本におけるハンガリーの喜歌劇の公演等について、記述します。

1、レハールは、オーストリア・ハンガリー帝国で生まれ、オーストリア、ドイツを中心に、ウィンナ・オペレッタの分野で活躍。著名な喜歌劇「メリー・ウイドウ」やワルツ「金と銀」も、レハールの作品です。

2、メルビッシュ湖上音楽祭は、ハンガリーの国境に近いウイーン郊外の街メルビッシュで、毎年開催される著名な国際的な音楽祭です。音楽祭では、毎日、喜歌劇が上演されます。

3、「微笑の国」のあらすじは、次の通りです。「時と場所は、オーストリア・ハンガリー帝国当時のウイーンと、中国の北京。スー・チョン殿下(ウイーン駐在の中国の高級外交官)は、リヒテンフェルス伯爵の令嬢のリーザと、愛し合う仲になります。二人は、結婚し、北京に行きますが、スー・チョン殿下は、中国の首相に任命されます。当時の中国の習慣では、首相は、4人の女性と結婚しなければなりません。それを知ったリーザは怒り、ウイーンにもどります」。他方、スー・チョン殿下の役は中国出身の歌手と思われますが、殿下の部下として、日本の歌手奥川洋一が出演していました。

4、本公演は、歌あり、バレーあり、武闘あり、サーカスの芸人も登場する等、まず、規模の大きさに圧倒されました。さすが、国際的に著名は音楽祭だと思いました。これは、悲恋の物語ですが、スー・チョン殿下とリーザの間で交わされる数々の著名な美しいアリアにも、魅了されました。また、「微笑みの国」は、オーストリア・ハンガリー帝国の華やかを感じる象徴的な喜歌劇だとも思いました。オーストリアは、夏のザルツブルグ音楽祭、冬のウイーンでのニューイヤーコンサートでも有名ですが、「微笑みの国」を見終わって、「文化の力」と「音楽の力」を改めて感じたしだいです。なお、この公演はドイツ語ですが、ハンガリーでは、ハンガリー語で、ブダペストの劇場等で、上演されています。「微笑みの国」は、ハンガリーでは、A Mosoly Orszaga(ア・モショイ・オルサーガ)です。

5、ハンガリーとオーストリア、ドイツの著名な作曲家との関係のエピソードとしては、ハンガリーの貴族で、大地主のエステルハージ家は、オーストリア国境の近くにある宮殿に、ハイドンを宮廷楽師として、雇い、コンサートを行いました。次に、オーストリアで活躍したグスターフ・マーラーは、一時期ブダペストの
王立劇場で、音楽監督をつとめました。また、ブダペストの郊外のマルトン・ワーシャールには、ベートーベン博物館があります。かって、同地に居住したハンガリーの貴族の姉妹の令嬢に、ベートーベンの弟子が、住み込みで、ピアノを教えたよしみがあるからだそうです。べートーべンも、短期間同地に滞在した由です。

6、最後に、日本での日本人の出演者によるハンガリーのオペレッタの公演です。「日本オペレッタ協会」のホームページ等によりますと、ハンガリー出身の著名な作曲家カールマーンの「チャールダーシュの女王」は、日本でも、上演されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント