ハンガリーで、EU加盟国で初めて中国産のコロナワクチンを接種

1,2月17日放送のNHK/BS1テレビの番組「国際報道」によりますと、2月15日、中国国有製薬会社シノファーム産のコロナワクチンの初期の供給量が、ブダペストの空港に、到着しました。中国産のコロナウイルス・ワクチンは、未だ、EUは承認していませんが、オルバーン首相は、「EUからの供給が遅く、不十分なため、中国産を輸入する」と述べています。

2,2月17日付の朝日新聞夕刊掲載の「世界で進むワクチン接種ーー100人当たりの接種人数」は、次の通りです。それによりますと、ハンガリーは、第14位で、100人当たりの接種は、3,48人です。

(1)イスラエル45.18人(2)英国22.54人(3)バーレーン14,62人(4)米国11,45人(5)チリ9,69人(6)スロバキア4,31人(7)ノルウエー4、28人(8)デンマーク4,09人(9)トルコ3,96人(10)ポーランド3,90人(11)フィンランド3,78人(12)ルーマニア3,57人(13)エストニア3,48人(14)ハンガリー3,48人(15)スロベニア3,42人(16)フランス3,33人(17)ドイツ3,27人(18)ポルトガル3,22人(19)スペイン3,19人(20)ベルギー3,16人(21)イタリア2,84人(22)ルクセンブルグ2,76人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント