ハンガリーでのコロナ・ウイルスの感染状況(在ブダペスト盛田常夫元法政大学教授からのご連絡)

最近ヨーロッパでは、コロナの感染者が、再び急増しています。ブダペストでは、10月には、国際柔道大会が開催(日本選手は、コロナのため、不参加)され、最近では、日本から北島康介選手等が参加して、国際水泳大会が開催されています。他方、大変お気の毒ですが、人口1,000万人のハンガリーでも、コロナ感染者が急増し、11月3日の一日だけでも、新規感染者は、4,219名、死者は、90名と報告されています。ブダペストにお住まいの盛田常夫元法政大学教授より、ハンガリーのコロナの感染状況について、ご連絡を頂きましたので、次の通り、ご紹介いたします。

1,11月4日、ハンガリー政府から発表されたデータによれば、11月3日の新規コロナ感染者は4,219名、死者は、90名と報告されている。死者のほとんどは、高齢の既往症を有する人で、これまでの死者の平均年齢は、76歳とされている。

2、この結果、現在の感染者(回復者を除く)数は67,693名で、このうち病院で治療を受けている患者は、4,871名、人口呼吸器装着患者は、355名となった。累計死者は2,063名。

3、この傾向が続くと、12月中には、病床が満杯になるので、オルバーン首相は、11月3日、深夜12時から午前5時までの外出禁止を打ち出した。ただし、仕事の関係等で、家を離れることは、この規制外になる。マスク装着の厳守も強調されているが、一般的なレストランの営業停止には、踏み込んでいない。あくまで夜の娯楽施設の営業制限と、スポーツや行事参加者のディスタンス確保を強調している。

4、学校の開校は、保持されているが、感染者が出た67の保育園、6つの学校が臨時休校になっており、16校42クラスで、リモート事業が行われている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント