当協会副会長で、著名な指揮者の小林研一郎氏、9月11日に、さいたま市で、日本フィルハーモニー交響楽団を指揮(コロナ禍のため、プロの演奏家が観客の前に立つのは、埼玉県内では、初めて)

9月13日付朝日新聞埼玉版によりますと、表題のコンサートの概要は、次の通りです。

1、9月11日夜、埼玉県さいたま市大宮区のソニックシティー大ホールで、日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会があった。新型コロナウィルスの感染拡大以降、プロのオーケストラが観客の前に立つのは、埼玉県内では、初めてという。コバケンこと小林研一郎さんのタクトに導かれた重厚な生音に、人々は割れんばかりの拍手を送った。

2、今回は全2505席を890席に制限。公演時間が約70分ほどと、短めになるモーツアルトのピアノ協奏曲と、交響曲に曲目を変え、休憩時間を省いた。舞台上の人数も50人程度に絞り、1月以来の定期演奏会にこぎつけた。

3、「炎のマエストロ」と呼ばれ、情熱あふれる指揮で人気のコバケンだけに、本来なら「2千席以上が埋まるはず」(関係者)が、感染への警戒からか、観客は500人ほど。それでも、埼玉県内のクラシックファンにとっては、待ちに待った演奏再開で、透き通ったピアノの音色や、バイオリンの奏でるハーモニーに、じっと耳をすませた。

4、演奏後小林さんは、「演奏会を開けるのは、何よりうれしい。コロナ禍に耐えた演奏家たちの精神力が、新たな音を奏でるのを聴いて欲しい」と話した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント