第19回ハンガリティック・コンサート―――山本貴子ピアノリサイタルは、2020年5月5日より、12月11日に変更になりました。

4月10日発行の日本ハンガリー友好協会の会報に、表題のコンサートは、2020年5月5日に開催と掲載しましたが、コロナウイルスとの関連で、2020年12月11日〈金〉に開催が変更されましたので、下記の通り、お知らせいたします。

1、公演名:第19回ハンガリティックコンサート・山本貴子ピアノリサイタル―――ラプソディ・イン・とくしま
2、日時:2020年12月11日〈金〉、開演 19:00、開場 18:30、終演予定 21:00
3、会場:あわぎんホール〈徳島県郷土文化会館)徳島市藍場浜2丁目14番地
4、主催:ハンガリー音楽を楽しむ会
5、後援:駐日ハンガリー大使館、日本ハンガリー友好協会、徳島県教育委員会、徳島市、徳島市教育委会、よんでん文化振興財団、四国放送、徳島新聞社、朝日新聞徳島総局、読売新聞徳島支局、毎日新聞徳島支局、テレビ徳島、エフエム徳島、エフエムびざん、株式会社あわわ
6、プログラム:(1)リスト= ため息、愛の夢第3番、ラ・カンパネラ、ハンガリー狂詩曲第2番
(2)バルト―ク=ソナチネ、トランシルヴァニアの夕べ、クマの踊り、ミクロコスモスより ハエの日記か
ら、 子供のためにより、豚飼いの踊り、(3)ヴァイネル= キツネの踊り (4)ショパン= 子犬のワルツ(5)ドリーブ/ドホナーニ バレェ「コッぺリア」よりワルツ(6)ドホナー二=ラプソディ第2番、カプリッチョ
7、出演者:山本貴子(やまもと・たかこ)
小松島市出身。武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。在学中、よんでん文化振興財団奨学生、福井直秋記念奨学生、1994年よりハンガリー国立リスト音楽院にて、ピアノをゼンプレー二・コルネール、ラントシュ・イシュトヴァ―ン、室内楽をグヤ―シュ・マルタ各氏のもとで、10年間研鑽を積み、ディプロマコースを最優秀で卒業、修士号と国家演奏家資格を取得。留学中、ハンガリー政府給費留学生、日本ハンガリー友好協会奨学生、よんでん文化振興財団海外奨学援助者、三木武夫国際育英基金奨学生。第3回リスト・バルトーク国際コンクール(ブダペスト)にて、第3位、並びに最も美しく演奏された曲に贈られる特別賞をバルトークのミクロコスモスで受賞し、デブレツェンにてコンサートに出演。ブダペストにて、ソロリサイタル。子どもたちの音楽活動の可能性を柔軟に追及しながら、2001年より性力的なアウトリーチ活動をスタートさせ、これまでに徳島、香川、東京において218回のスクールコンサートを行う。2019年度は、12校での演奏活動を通じて、1682人の子供たちに、本物のクラシックを身近に、楽しく感じて頂いた。近年は、人権コンサート、平和コンサート、ホスピタル・コンサートなど多彩な活動を行い、人の心に響く音楽を目指している。徳島県教育委員会より、平成28年度地域教育支援活動奨励賞を受賞。1998年より自主事業として続けているハンガリティックコンサートは、2019年には、日本ハンガリー友好協会助成公演に選ばれ、日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念事業として開催。
8、お問い合わせ:ハンガリー音楽を楽しむ会 山本様「電話・ファックス088-687-2863、メール ymmttkk2009@yahoo.co.jp)
9、その他:振替公演は、同じ演目で行います。チケットは、振替公演でも、ご使用いただけます。
コンサートの情報は、山本貴子のホームページ(http//pianist-takako.office-tk.jp/)で。ご確認ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント