義援金募金のその後・・・緊急人道支援基金で保管

昨年10月ハンガリーで発生した赤泥汚染事故の被災者を支援するため、会報を通じて皆様に募金をお願いしたところ、2月25日現在104名の方々から総額699,000円のご寄付を頂きました。この内280,200円は、この事故対策として緊急に必要とされた日本製マスクの輸送費にすでに使わせて頂きました。

その後の現地の状況は、各方面からの支援を得て、必要最小限の対策がすでにとられた模様です。そこで残額は、先にお願いした通り、今後の展開も視野に入れた「事故対策基金」に組み入れることとしました。

他方今回の事件で痛感されたことは、このような不測の事態が、今や被援助国ではないEU加盟国ハンガリーで生じた時に、我が国からの緊急人道支援の責任の一端は当協会にありながら、こうした事態に対処できる体制が必ずしも整っていないことでした。

外部からの支援が必要になる事故などめったに起こるものでないことを希望していますが、今回の募金活動を通じて、協会員の皆様方がいかに熱い思いをハンガリーにいだいておられるかを再認識いたしました。今回の案件に限らず、今後万が一にも何らかの人道的緊急支援を必要とする事態が起こった時には、当協会としてより迅速かつ効果的に対処できるよう、今回の「事故対策基金」が次回総会まで使用されずに済む場合には、これを「緊急人道支援基金」に衣替えして保管することを同総会においてご決定頂こうと考えています。                

日本ハンガリー友好協会理事長  田中義具

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック